HOME プロフィール

にゃんこ先生

Author:にゃんこ先生
FC2ブログへようこそ!

日々の備忘録です。

すごい写真はありませんが、画像
の転載はご遠慮ください。
また、コメントにブログ内容に関
係のない事柄や、直接のメールや
アクセスを促すような内容があっ
た場合こちらの判断で削除する場
合もありますので、ご了承くださ
い。

最新記事 最新コメント 最新トラックバック
月別アーカイブ カテゴリ

私はこうしてできているver.2.0

映画、猫、日々のくだらない出来事の備忘録。 よろしかったらお付き合い下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グッド・ウィル・ハンティング(1997年米)

監督:ガス・ヴァン・サント
脚本:マット・デイモン ベン・アフレック
出演:マット・デイモン ロビン・ウィリアムス ベン・アフレック
    ミニー・ドライヴァー ステラン・スカルスガルド
    ケイシー・アフレック
音楽:ダニー・エルフマン  ジェフリー・キンボール

original_convert_20140823003353.jpg

↓ネタばれあり



つい先日世界中を悲報が電光石火のように駆け巡りました。
『ロビン・ウィリアムス 訃報』

追悼なのかたまたまなのか、BSでやっていました。

実は初見だったのですが、この作品、若かりしマット・デイモンとベン・アフレックの
共同脚本でした。
しかも、もともとは無名の頃にかいたマット・デイモンの脚本が素になっているとか
・・・・。
やはり、2人とも製作に興味をもっていたんですね。
 
とにかく長ゼリフが多く、他の人が演じたり、舞台なんかでやるとしたら、
俳優が試される作品なのではないでしょうか。
ベン・アフレックもさまざまな役柄が多いですが、あんまりチンピラにむいてない気が
します(笑)
なんかきれいなチンピラでしたし、実際おいしい役でした。

主人公ウィルは孤児で、悪友たちといつもつるんで、日々を面白おかしく
すごせればいいや、という典型的な若者です。
でも、お互いをよく解ってる、そして実は心の奥では温かく見守っている悪友
たちなのです。
そういう意味では友人に恵まれていたといえます。

その主人公のマット・デイモン!キラキラしてていいですね!
まだあどけなくて、ゴリラっぽい昨今よりいいかんじです(笑)
(ジェイソン・ボーン役のためにマッチョになったとは思うんですが(笑))

ロビン・ウィリアムスは静かで、思慮深い心理学の教授役です。
「いまをいきる」のキーティング先生より、深く静かです。
2人を比べて考えたとき、大きく違うことがあるように思いました。

「いまをいきる」キーティング先生は、わりと挫折のないイメージがあります。
自分を信じ、人の評価をものともせず斬新な教育方法でうまくやってきたんだ
と思います。
「グッド・~」のマグワイア教授は、妻を亡くし、親にも恵まれず最悪な家庭環境
だった過去をもちながらも、今の地位についた人のようです。

今回ウィルの心を開かせたのは似たような過去を経験したマグワイア教授だから
こそ、よい方向へ導けたかもしれないということ。
やはり相手を100%理解するということは、かなり困難をきわめますし、どんな
親友でもそれは不可能ではないかと思うのです。

永遠の命題である「愛されること」
人は誰しも同じ家庭環境で育ってきたわけじゃない。
誰かを頼らなくては生きていけない年代に、理由なく虐待をうけ育ってきた人が
そうでない人との差を感じずにはいられない壁。
愛することが解らない、できない人の心の氷を溶かすには、たくさんの愛情を
注がれて育ってきた人には共有することは果たしてできるのでしょうか?

答えは一つではないと思いますが、「理解できる!」と断言することは難しいと
思われます。
でも理解しようと努力してきることを認めてくれたり、受け入れることはできるの
かもしれません。
人は許されたい、と思う生き物です。
色々と許せない生き方は、自分の可能性も狭めている、そういうことです。

色々考えさせられたけど、心に残る作品でした。
アカデミー賞やゴールデングローブ賞など受賞したのもうなずけます。
マット・デイモンをはじめ、映画化しようとしたベン・アフレックも好評価ですね!

スポンサーサイト

COMMENT

とっても良い作品だったんだなあーって‥今頃気づいても遅いよね^^;

傷つきやすい年代にマグワイア教授のように心を支えてくれる人に巡り合えたなら‥きっと人生が変わりますね

マット・デイモン‥まだ、ほっそりとして初々しいですね

この時期にしか出来ない役のような気がします

映画観てないのにコメントしてごめんなさい
m(__)m

新作のエリジウムもなかなか良さそうですね
(^_-)-☆

ナナさん>
エリジウム、予告みたら、やはりゴツかった(笑)

やはりこのころのキラキラ感は異常ですww
でもエンディングもよかったし、1度ぜひ観てみてください!
世間でイイといわれているだけのことはあります。
静かな感動を呼びますよ!

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。