HOME プロフィール

にゃんこ先生

Author:にゃんこ先生
FC2ブログへようこそ!

日々の備忘録です。

すごい写真はありませんが、画像
の転載はご遠慮ください。
また、コメントにブログ内容に関
係のない事柄や、直接のメールや
アクセスを促すような内容があっ
た場合こちらの判断で削除する場
合もありますので、ご了承くださ
い。

最新記事 最新コメント 最新トラックバック
月別アーカイブ カテゴリ

私はこうしてできているver.2.0

映画、猫、日々のくだらない出来事の備忘録。 よろしかったらお付き合い下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケープフィアー Cape Fear(1991年米)

監督:マーティン・スコセッシ
脚本:ウェズリー・ストリック
製作:バーバラ・デ・フィーナ
製作総指揮:キャスリーン・ケネディ  フランク・マーシャル
出演:ロバート・デ・ニーロ  ニック・ノルティ ジェシカ・ラング
   ジュリエット・ルイス
音楽:バーナード・ハーマン

20120508.jpg

これも未見の映画でしたが、当時はこういう事件がリアルにも増えつつある状況
も背景にあって世間を騒がせていたように思います。
同じ年に「羊たちの沈黙」も公開してますし、こういったサイコ系の物語に再び
脚光があびせられた時期だったのでしょう。
数年後に日本でも凄惨な事件が事件がおきるわけですが・・・。

デ・ニーロ様は安定のキレたら何するかわからない系。
p3_mov04_pict.jpg

婦女暴行で刑務所行きになってしまったデ・ニーロ様演じるマックス・ケイディ。
弁護士にニック・ノルティが演じてますが、ちょっと同情できない感じ。
つまり、弁護したのがニック演じるサムなのですが、裁判の結果が気にいらず、
逆恨みをして弁護士家族に復習をするという物語。

当時デ・ニーロ怪演ものもちょっと飽きた感があって注目していなかったのが本
心だったりするのですが、今回みて「!」と思ったのが音楽。
なんかヒッチ・コックの匂いがプンプンするのですよ!

↓実はリメイクでした。で音楽がヒッチ・コックでもお馴染み、バーナード・ハ
ーマンだったので「!」となるのも頷けるわけです。
しかも、この「ケープ・フィアー」では、あのマエストロ、バーンスタインが
振り直して録音しているみたいです。感激!!!
無題

最後の終わり方もヒッチ・コックのオマージュを感じました。
あれあの音楽とあの映像で終わったら、非常にコワいです(笑)

サムの妻役にジェシカ・ラング、娘役にまだ少女だったジュリエット・ルイス
この配役も、おぉ!と思いました。
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。